Latest News

PHAZE塾の最新の出来事をご紹介します

第1期PHAZE塾「情報審美眼〜経済雑誌の読み方」

PHAZE塾10月26日は、小栗正嗣さんによる“情報審美眼〜経済雑誌の読み方"。 小栗さんは、週刊ダイヤモンドで有名な株式会社ダイヤモンドで編集部論説委員をされています。 良い雑誌をつくるために編集者が意識していることや、週刊ダイヤモンドが他の経済雑誌と違う点は何かなどに加え、小栗さんの体験談や裏側のお話もしてもらいました。 講義後半は、奨励生自身が編集者になったつもりで、仲間の編集者にもらった情報を整理して、読者向けの記事を書くというワークを行いました。 経済雑誌は「読者に情報の見方を伝えるもの」。...

第1期PHAZE塾「企画・プレゼン塾3」

PHAZE塾10月27日は、PHAZE塾塾長柴田励司さんによる “企画・プレゼン塾3” でした。 “企画・プレゼン塾”では、着想からマネタイズまでの企画の立て方、文章術、スライドから話し方までのプレゼンの仕方を徹底して鍛えます。 第3回目の今回は、先回から取り組んでいる「就活生向けレンタルスーツ事業のプロモーション企画」の最終発表を行いました。 奨励生が自分で発表順をくじ引きしてから、企画がビジネスとしてしっかり成り立つよう中身を詰める作業に重点を置き、発表時間まで集中して企画を練りました。...

第1期PHAZE塾「周囲を幸せにする秘訣」

PHAZE塾10月19日は、大谷由里子さんによる“周囲を幸せにする秘訣”です。 大谷さんは、吉本興業でのマネージャー経験を生かし、「笑い」を取り入れた人材育成研修会社、志縁塾を設立。「リーダーズカレッジ」、「全国・講師オーディション」等の活動を通し、現在は企業・自治体を中心に「自立・自走」の人づくりを精力的に支援しています。 「相手を認めて、引き出して、応援する。これがリーダーに必要なスキル。」 「周囲を巻き込んで笑顔にするために、まずは自分が幸せでいないといけない。」 大谷さんに熱く語ってもらいました。  ...

第1期PHAZE塾「スピード✕段取り仕事術」

PHAZE塾10月5日と12日は、岡田充弘さんによる「スピード✕段取り仕事術」です。 「趣味はトライアスロン。普段は、トレーニングウェアで走っている。横断歩道の信号待ちにスマホで指示を出したり、疲れたらカフェでパソコンを開いて作業したりしている。ほとんどオフィスでは働いていない。」 そんな岡田さんに、奨励生たちは序盤から興味津々。 岡田さんは現在、謎解きイベントの企画・運営などを行うクロネコキューブ株式会社、オフィスやブランドの変革などのコンサルティングを行うカナリア株式会社の代表取締役です。...

第1期PHAZE塾「企画・プレゼン塾2」

PHAZE塾10月13日は、PHAZE塾塾長柴田励司さんによる “企画・プレゼン塾2” でした。 “企画・プレゼン塾”では、着想からマネタイズまでの企画の立て方、文章術、スライドから話し方までのプレゼンの仕方を徹底して鍛えます。 今回出された課題は、実存する企業における「就活生向けレンタルスーツのプロモーション企画」です。優秀者は、その企業の社長に実際に提案までできるチャンスがあるということが告知され、奨励生は切磋琢磨しながら皆オリジナルの企画を練っていました。...

第1期PHAZE塾「情報整理と表現」

PHAZE塾、9月21日、28日は、太田芳徳さんによる「情報整理と表現」です。 現在、株式会社ハンゾーの代表取締役である太田さん。組織開発コンサルタントとして活躍され、いくつもの大学での「就職講座」講師もしています。   一日目は、リクルートでの経験も盛り込まれ、分かりやすく伝える大切さを確認。伝えたい情報を整理し、読み手・聞き手にとって分かりやすい表現の仕方を学びました。 「目的、目標、手段ってそれぞれ何?どういうこと?」 奨励生は、太田さんからの問いかけに苦戦しながらも、熱心にワークに取り組んでいました。...

第1期PHAZE塾「企画・プレゼン塾1」

PHAZE塾9月26日は、PHAZE塾塾長柴田励司さんによる “企画・プレゼン塾1” でした。 “企画・プレゼン塾”では、着想からマネタイズまでの企画の立て方、文章術、スライドから話し方までのプレゼンの仕方を徹底して鍛えます。 第1回目は、郊外型紳士服店のケースを取り上げました。奨励生は、既存店への“カフェ併設”を計画しているマーケティングチームメンバーとして、社長に提案する企画を練り、事前に企画提案書を作成してきました。 最初の企画提案書は、全員失格。一対一で見直すところから、柴田さんの指導はスタートしました。...

第1期PHAZE塾「自分の小さな箱から脱出する方法」

PHAZE塾9月16日は、西田敬一 さんによる“自分の小さな箱から脱出する方法”です。 西田さんは、数社の営業会社に勤務、その際にトップセールスとして、個人相手・法人相手双方のセールス手法をマスター、その後、コンサルティング会社にて取締役を務める。その後、「自分の小さな箱から脱出する方法」(アービンジャー・インスティチュート著)との出会いによって、組織で起こる問題の根本的な解決方法を発見。「箱のメカニズム」に感動を覚え現在は、アービンジャー・インスティチュートの公認ファシリテーターの他様々な業種業態の会社の取締役をされています。...

第1期PHAZE塾 開講式

第1期PHAZE塾の開講式を、9月15日に開催しました。 開催場所は、これから3ヶ月と1日通う、四条河原町からすぐ近くのイベントスペースNARUです。 PHAZE塾第1期奨励生が揃うのはこの日が初めてでした。緊張した面持ちの方もいる中15時からオリエンテーションが開始されました。...