PHAZE塾 第1期奨励生

2018年9月15日から12月15日までの3ヶ月と1日、PHAZE塾に参加する奨励生のご紹介です。こちらに日々の活動も掲載していきますので、是非御覧ください。

PHAZE塾第1期奨励生、6名です。PHAZE塾の様子はこちら

安西 崇

自己紹介
僕の出身である高専は数ある技術者求人の中から好きな企業への就職を決められる学校ですが、僕は自身が技術者として物作りを続ける人生を送るということに違和感を感じていました。
そんな中、縁あってPHAZE塾という将来どんな場面でも発揮できる強みを真剣に学ぶ機会に巡り合いました。毎日大きな刺激を受けながら成長を続け、物だけでなく人をも動かせる大人を目指します!

開講式から約1ヶ月経ち、10回のプログラムに参加してみていかがですか(2018年10月30日)
PHAZE塾の存在を知ったきっかけはSNSの広告でした。説明会に参加した上で、信頼していた学校の指導教員に相談してみたところ「君に合っているんじゃないか」と背中を押してもらえたので参加を決意しました。
これまでに10回以上のプログラムを受けた印象はズバリ「全てが本物」です。お越しいただいている講師の方は皆さん、誰もが認める実績をお持ちで、誰もが納得できるロジックを展開した上で、誰もが驚くノウハウやスキルを披露されます。
また同期の仲間にも恵まれました。PHAZE入塾の厳しい選抜を乗り越え、同じ高さの志を持った仲間たちと共に講義に臨むことで得ているものは非常に大きいです。
僕たちはこのように、普通に学生生活を送っていたら立ち会えるはずのなかった貴重な機会の中で大きな刺激を受け続けています。これからの講義はもちろんのこと、その先にあるプログラム修了後に自分たちがどう変化できたかということにも期待で胸を高鳴らせています。

木野内 雅大

自己紹介
高校では、硬式テニス部として18年ぶりとなる団体戦全国大会に出場した。その後、法学部 法律学科にて、日米独占禁止法を専攻。課外活動として、金融の勉強会やキャリア教育を行う組織を立ち上げた。現在は情報学研究科にて、情報銀行・ブロックチェーンについて研究中。

開講式から約1ヶ月経ち、10回のプログラムに参加してみていかがですか(2018年10月30日)
「悔しい。」「次は、こうしよう。」
この1か月、こんなことを感じています。

PHAZE塾に参加した理由は、「人を動かす」ことを体得したかったからです。

学部時代に課外活動を行った際、組織から人が辞めてしまうこと等を経験し、自分の力不足を感じていました。一方で、活動中に見つけた社会課題を解決したく大学院に進学したため、半年間、組織活動の場がありませんでした。人を動かす言動を体得したく、PHAZE塾に参加しました。

講師の方々からはもちろん、同期のメンバーから非常に刺激を受けています。共感を得ることが得意だったり、可愛がられる性格を持っていたりと、自分にはないモノを持っているメンバーばかりです。正直、悔しい思いをしています。

この悔しい思いをバネに、一つ一つ、試していくしかないと思っています。

「やりたいことをやるために、組織の価値を最大化させるために、自分がどのように立ち振る舞う事がベストなのか」を、論理と感情、両方の視点から体得したいです。

金 視遠

自己紹介
18歳の時日本に来たのは、自分の世界を広げるために。大学で経済学を学ぶのは、貧困が継承されない社会を創るために、そして地の塩・世の光となる実業家になるために。今PHAZEで奮闘しているのは、優れたスキルとマインドを学び、社会をリードする一人になるために。

貪欲に学び、正しく実践できるように頑張ります。

開講式から約1ヶ月経ち、10回のプログラムに参加してみていかがですか(2018年10月30日)
私は成長を求めて、PHAZE塾に入塾しました。
プログラムの半分を終えた今私は、私の入塾前の期待を超える成長感を実感しています。

まず、多様なバックグラウンドを持つ、各界のプロの方々にダイレクトに向き合い、直接指導を受けているので、自分の世界が広がりました。プロの方々の考え方、働き方、生き方は実に明快で素晴らしく、私はそれらを生活の中で体現する毎日を送っています。

そして、同期5人との出会いも、自分の成長につながっています。それぞれ価値観も夢も異なりますが、みんな優秀で魅力的なので、刺激を受ける毎日です。

12月でPHAZE塾のプログラムは終了しますが、幸いなことに、自分の夢を叶えるためのヒントはPHAZE塾で数えきれないほど与えられています。なので、私はPHAZE塾での出会いと学びを原点にして、今後も成長していきたいと思います。

鈴木 大悟

自己紹介
こんにちは、埼玉県出身、24歳の鈴木大悟と申します。普段はNPO法人で、子どもが売られない世界をつくるために活動しています。一つでも多くの学びを団体に持ち帰れるように、PHAZE塾を活用しています。まだまだ未熟者ですが、何卒よろしくお願いいたします。

開講式から約1ヶ月経ち、10回のプログラムに参加してみていかがですか(2018年10月30日)
PHAZE塾は毎週多様な講師の方々が講義をしてくださるので、より多角的に自らを見つめ直す非常に良い学びの場となっています。私がPHAZE塾に応募したのも、若いうちにいろんな方の思想や価値観に触れておきたいという想いがあったからです。東京と京都を毎週往復する生活の中で、PHAZE塾で得られた学びを東京に持ち帰り、かものはしプロジェクトでの日々の業務の中で実践していくというプロセスが私に良い循環をもたらしてくれています。将来はビジネスセクターとソーシャルセクターを行き来できるような、どこに行っても社会に貢献できる人材になりたいと考えています。残された2ヶ月間程の講義でも最大限吸収し、自らの血肉にできるように、鋭意努めていく所存です。

新谷 茉奈

自己紹介
4歳からヴァイオリンを始め、音楽家になることを夢見て中学・高校時代を東京の音楽学校で過ごしました。そこから一転、「音楽以外の自分の可能性を追求したい」という思い大学は米国の一般大学へ留学し、現在は京都の大学院で日本の組織について研究しています。

開講式から約1ヶ月経ち、10回のプログラムに参加してみていかがですか(2018年10月30日)
米国に留学していた時、初めて「できない自分」に本気で向き合いました。自分は環境が変わっただけでこんなにも何もできなくなってしまうのか、とショックを受けました。今年八月、院の先輩に紹介され、何気なく足を運んだ説明会で、「どこへ行っても通用する人材になる」というPHAZE塾の理念を聞き、第一期奨励生への応募を決意しました。

開講式から一ヶ月経ち、今は学ぶことの難しさを実感しています。講義を聞いても、ふむふむと納得し、なんとなく「すごい」「面白い」だけで終わってしまう。学びを自分の中に取り込むには小さいことから自分の行動や意識を変えなくてはいけない。そのためにも、お互いの成長を良い意味で監視し合える学び仲間がいるのは非常に心強いです。大学でも著名人を招いた講演会はいくらでもありますが、5人の個性豊かなメンバーに刺激を受けながら、逃げずに自分と向き合う環境があることはPHAZE塾ならではの魅力だと思います。

矢代 慧

自己紹介
映像学部という珍しい学部に在籍し、実写映像やCGを中心に勉強しています。どんな相手や目標に対しても怖気づくことなくチャレンジすることを常に意識しています。より多くの人がアートとデザインに親しんでもらえるように、PHAZEで学び、出会い、今までにない新たなエンターテイメントをお届けします!

開講式から約1ヶ月経ち、10回のプログラムに参加してみていかがですか(2018年10月30日)
アート、デザインを学問として学ぶことをより多くの人に認めて欲しい。そして、1部の天才的な人間だけではなく、たくさんの人が楽しく物作りをする世の中を実現する。この夢を叶えるためにPHAZEに入塾しました。
入塾してから1ヶ月、本当に毎日が楽しいです。新しい発見にあふれ、自分が今何をすべきなのか。本当に自分がやりたいことが少しずつ見えてきました。
PHAZE塾の学びのアウトプットとして現在は、「10575 〜年間不詳行方不明者数〜」という学生映画を制作しています。この映画で同世代の仲間たちと共にカンヌ国際映画祭を目指しています。より多くの人に興味を持ってもらえること。その中で今の自分達にできる最も難易度の高いチャレンジです。PHAZE塾の刺激的な日常であったからこそ、見えた目標です。
「KAMBEE」「カンヌ国際映画祭」を大きな目標に残り2ヶ月間、努力します。